Mint60を組み立てた

何年か前、ErgoDoxが流行ったときに組み立て済みのErgoDox EZ買ったことがあるんですが、なかなか手に馴染まず結局日常的に使うことはありませんでした。(今でも家の棚にしまってあります)

しかし2018年の後半あたりから自作キーボードに関する記事をよく見かけるようになり、Mint60を衝動買しました。 今度は組み立て済みのキーボードではないので、はんだ付けが必要になります。

組み立ては以下を参考に進めました。

eucalyn.hatenadiary.jp

ダイオードをひたすら刺す

f:id:romiogaku:20190127222352j:plain

ダイオードはこのようなリード線折り曲げ器があると便利でした。

Amazon CAPTCHA

f:id:romiogaku:20190127222414j:plain
この位置で折ると丁度良い塩梅

f:id:romiogaku:20190127222435j:plain

f:id:romiogaku:20190128005430j:plain
全部刺してはんだ付けまでやったところ

ProMicroピンヘッダはんだ付け

はんだ付けの間隔が狭く、ピンヘッダ自体も太いため自分にとっては難易度高めでした。 ちなみにはんだ付けは中学校の授業以来です。

f:id:romiogaku:20190127222805j:plain
持っててよかったブレッドボード

スタビライザ組み立て・取り付け

自分の空間把握能力が足りないのか、公式の組み立て手順写真見てもどこに針金はめるねん、と数十分格闘してました。

f:id:romiogaku:20190127222328j:plain
組み立て

f:id:romiogaku:20190127222340j:plain
取り付け

キースイッチはめ込み

f:id:romiogaku:20190127222606j:plain

以前ErgoDox EZを買ったときは青軸にしてましたが、今回は会社で使うかもしれないことを考慮しキースイッチはGateron Sirent Redを注文しました。

赤軸以外の種類のキースイッチもおまけでついてきており、Escキーは青軸に、Fnキーは黒軸にしてみました。

次にピンヘッダに囲まれている箇所のキースイッチの足がProMicroに当たらないように短くしていきます。

f:id:romiogaku:20190127222730j:plain
足が長いと

f:id:romiogaku:20190127222710j:plain
こんな感じで浮いてしまう

f:id:romiogaku:20190127222554j:plain
短くした状態

ProMicroモゲ防止

USB差し込み口がモゲてしまわないようエポキシ接着剤で固めるんですが、どのあたりまで盛っていいのかはっきり写ってる写真がネット上で見つからなかったので恐る恐るやっていきました。

f:id:romiogaku:20190127222540j:plain

はんだ付け完了!

f:id:romiogaku:20190127222500j:plain
最終的に300回近くはんだ付けしたと思う

この時点で押せるか確認

ケースに入れる前にPCにつないですべてのキーが押せるか試します。

f:id:romiogaku:20190127222312j:plain

幸いにも反応がおかしなところはありませんでした。 むしろおかしな場合はどうやって原因を突き止めれば良いのだろう・・・?

LED取り付け

普段からLED光らせることは無いだろうからこの手順はスルーしてもいいかなと思ったんですが、せっかくなので取り付けました。

f:id:romiogaku:20190127222816j:plain

ただ、基盤は飛び出した端子でボコボコしておりはんだ付けには苦労しました。

ケース組み立て

f:id:romiogaku:20190127222645j:plain

f:id:romiogaku:20190127222606j:plain

と、ここで問題発生。 ケースに取り付けた状態で改めてPCに接続すると、右手N列の挙動が荒ぶってしまいました。

原因はLEDのテープがキースイッチの端子に干渉していたことでした。(公式にもよくあるパターンとして紹介されてました) 一旦ケースをバラしてN列のキースイッチを短くし、LEDのテープは押し付けないよう遊びをもたせるようにすれば治りました。

後で知りましたが、N列に絶縁テープを貼っておけば問題ないようです。今後使っていくうちにまたおかしくなったらそちらで対応しようと思います。

完成!

f:id:romiogaku:20190127222233j:plain

すごい。かっこいい。かわいい。

やはりLEDがあると俺はキーボード作ったんだぞ感が溢れ出てきます。 光るパターンも豊富に用意されており、人に見せるときはレインボーに輝かしておこうと思います。

キーマップの変更

デフォルトのキーマップからほんのちょっと変更しました。

github.com

自分はランチャーとしてAlfredを多用しているのですが、従来のキーボードだと 左手Alt+右手Space で起動していました。 そこで右手左下のキーを LALT(KC_SPC) とすることで違和感無く、かつシングルキーでショートカット起動できるようにしました。

右手下の長いキーのうまい利用方法が思いつかない・・・とりあえずSpaceにしておきました。 あとはMacのキーボードに近い配置にして、CapsLockとCtrlは入れ替えました。(元々入れ替えに使っていたKarabinerはOFFにしました)

最後に

仕事終わりに毎日少しずつ組み立てていったのですが、最終的にちゃんと動いて感動です。 このキーボードがEndgameになるかはしばらく使ってみないとわかりませんが、せっかくなので他のいろんなタイプのキーボードも触ってみたい欲が高まってます。

興味があるもの↓

scrapbox.io

scrapbox.io

www.pixiv.net

でも、気づいたら「自分だったらこういう配置にする!」みたいな妄想が頭を巡っていたりもします。

いつか基盤から作れるようになったら最高ですね。誰か僕と一緒にこの沼入ってみませんか?よろしくおねがいしますよ。

この記事はもちろんMint60で書かれました。